任意整理による借金減額の仕組みとからくりを分かりやすく解説

毎月返済が苦しいものの自己破産や個人再生はしたくない、といった人に選ばれているのが任意整理です。任意整理には借金総額や毎月の返済金額を減額できる効果があります。しかし、本当に任意整理をすれば借金減額ができるのか半信半疑な人がいるかもしれません。

 

ここでは任意整理で借金減額ができるの仕組みや他の債務整理と借金減額ができる理由の違いなどを解説します。

  • 任意整理・過払い金請求の相談は何度でも無料!
  • 0円!完全無料法律相談
  • 24時間365日受付中
  • 土日祝日、夜間の法律相談も対応可

任意整理で借金減額ができる仕組み

任意整理で借金減額ができる仕組みは大きく2つあります。

まず借金総額が減額する仕組みはグレーゾーン金利の引き直し計算による過払い金充当です。次に毎月の返済金額を減額する仕組みとして、遅延損害金・将来金利のカットと長期分割払いがあります。それぞれ解説していきます。

 

過払い金の充当による借金減額の仕組み

借金総額を減額するための仕組みは過払い金の充当です。分かりやすく言えば、あなたが貸金業者に対して借金を返済しすぎているときに、返済しすぎた金額を過払い金として返還して貰う代わりに借金の総額を減らす仕組みです。

平成18年より前には、「グレーゾーン金利」という利息制限法では違法となる高金利で、お金を貸している金融業者がたくさん存在しました。平成18年以後にこの金利問題は改善されましたが、それより前から借金の返済をしていた場合、過払い金が発生している可能性が高いのです。

弁護士に任意整理を依頼すると、貸金業者のすべての取引履歴を取り寄せ、正しい金利を再計算します。グレーゾーン金利の引き直し計算とは、この作業において本来の正しい金利で利息分を計算し直すことです。正しい金利で計算すると本当は借金を多く返済しすぎていたことが分かるときがあります。これを過払い金と言います。

過払い金とはその名のとおり、債務者が債権者に支払い過ぎたお金のことです。そのため過払い金は貸金業者があなたに返還する必要があるのですが、あなたの借金総額が残っているときは充当による借金減額が行われます。つまり、貸金業者が取りすぎた利息を借金返済に充てるわけです。

MEMO

この借金減額の仕組みから、高い金利でお金を借りているか、長期間返済しているかでどの程度の借金が減額できるかは変わります。高い金利で長期間返済していたときは、過払い金が元本を上回り借金がゼロになるうえ残りのお金が戻ってくることもあります。
任意整理に強い弁護士に無料相談すれば、過払い金が戻ってくるかの見込みも分かります。昔からずっと借金返済をしてきたケースでは弁護士に無料相談することをおすすめします。

遅延損害金・将来金利のカットによる借金減額の仕組み

毎月返済している借金の金額を減額するための仕組みとして、任意整理をすれば遅延損害金・将来金利がカットできることがあります。

任意整理の手続きによって債権者との和解が成立すると、多くの場合、利息や遅延損害金がカットされて、元本だけを返済できるようになります。なかなか借金が減らない大きな原因は、毎月の返済金額が金利の支払いに使われて借金元本が減らないことです。
任意整理によって金利を支払わなくて済めば、毎月の返済金額が減額できる上に借金元本がどんどん減るようになります。

具体例でみる借金減額の仕組み

例えば、借金が200万円ある場合、この元本のほかに利息を支払わなければなりません。金利12%で借りていたとすると、この時点では200万円×12%÷12カ月=2万円の利息が発生します。したがって、この月に5万円返済したとしても、5万円-2万円=3万円しか元本が減りません。この場合、返済まで約52か月かかり合計で約256万円も支払うことになります。

これに対し、任意整理の手続きによって、利息を免除されたとしましょう。すると、返済しなければならないのは元本の200万円だけです。つまり、この時点で返済するべき借金総額が約56万円減額できることになります。これが任意整理で将来金利をカットして借金減額の仕組みです。

(将来金利カットによる借金減額の仕組み)

  任意整理前 任意整理後
借金元本 200万円 200万円
金利 12% 0%
毎月の返済金額 5万円 3万3333円
(-約1万6666円減額)
返済期間 約52か月 60か月(5年)
返済金額の総額 約256万円 200万円
(-56万円減額)

 

 

長期分割払いによる借金減額の仕組み

将来金利がカットされると前提だと、毎月の返済金額=借金総額÷支払回数で決まります。任意整理をすると一般的には3~5年(36~60回)かけて元本だけを返済することになるため、長期分割払いによる毎月の返済金額の減額が可能です。

具体例でみる借金減額の仕組み

例えば、任意整理をする前に借金200万円/金利12%で借りており、約1年半(約19回)で返済を目指すとすると毎月の返済金額は12万円にもなります。最終的に1年半で約220万円を支払うことになります。

これに対し、借金200万円を将来金利なしで5年(60回)に分割して返済することができれば、毎月の返済金額は3万3333円になります。毎月の返済金額が12万円から約3万5000円程度に減れば生活に余裕が出るのではないでしょうか。これが長期分割払いによる借金減額の仕組みです。

(長期分割払いによる借金減額の仕組み)

  任意整理前 任意整理後
借金元本 200万円 200万円
金利 12% 0%
毎月の返済金額 12万円 3万3333円
(-約8万6666円減額)
返済期間 約1年半(19か月) 60か月(5年)
返済金額の総額 約220万円 200万円
(-20万円減額)

 

任意整理による借金減額の仕組みで負担が軽減できる

もし、過払い金があれば、さらに元本が減ります。任意整理のあるなしで比較すると、利息が大きな負担となっていることが、よくわかるのではないでしょうか。借金の元本が減らなくても、返済の負担を大幅に減らしてくれるのが任意整理です。

 

その他債務整理手段との借金減額の仕組みの違い

 

借金を減らすための4つの方法

借金を減らす方法は任意整理だけではありません。任意整理と同じ債務整理では自己破産と個人再生、債務整理以外では「おまとめローン」と呼ばれる借入れ先をまとめる方法があります。借金の減額が多い順に並べてみると、自己破産>個人再生>任意整理>おまとめローンの順です。

しかし、借金の減額幅が大きいほど、手続きによるデメリットや生活に与える影響が大きいことにも注意が必要です。自分に合った借金減額の方法を選ぶことが、とても大切なのです。そこでまずは、それぞれの方法の特徴を知っておきましょう。

 

自己破産による借金減額の仕組み

自己破産とは、借金を返済する能力がないことを裁判所に申告して認められることにより借金をゼロにする方法です。自己破産の手続きを行うと全ての財産と借金を裁判所が確認して、価値のある財産は処分されることも特徴です。

たとえば、持ち家や車なども取り上げられてしまうため、手続き後の生活への影響はとても大きいといえます。また、手続き後はいわゆるブラックリストに5~10年程度載ってしまいます。

自己破産による借金減額の仕組みは裁判所の許可によります。裁判所が許可をすることで、全ての借金がなくなるという仕組みです。

 

個人再生による借金減額の仕組み

個人再生はケースにもよりますが、概ね借金総額の1/5まで借金減額ができる裁判所の手続きです。

ローン中の車などは自己破産と同じ処分されてしまいますが、自宅は例外となっていて処分する必要がありません。そのため、会社員など定期的な収入があり、持ち家を持っている人は、自己破産より個人再生を選ぶのが一般的です。ブラックリストに載る期間は自己破産と同じ5~10年程度です。

個人再生による借金減額の仕組みは裁判所の許可によります。裁判所が許可することで、借金が約1/5まで減額できる仕組みです。

 

任意整理による借金減額の仕組み

任意整理は、ここまで説明したとおり一般的には遅延損害金や将来金利のカットによる借金減額が可能な方法です。任意整理は弁護士と貸金業者の和解交渉によって進められるため、最終的には貸金業者と和解できることが条件です。
(参考)任意整理に失敗する4つのパターンと失敗しないための対応法

任意整理による借金減額の仕組みは、貸金業者との和解による合意に基づいて、過払い金充当・将来金利カット・長期分割払いによって借金総額や毎月の返済金額を減額する仕組みです。

 

おまとめローンによる借金減額の仕組み

債務整理以外で借金を減らすための方法には、「おまとめローン」と呼ばれる借入先をひとつにする手続きがあると言われます。たとえば、消費者金融などの借金を銀行系カードローンでまとめることによって金利を下げ、返済を楽にする方法です。

しかし、おまとめローンをしても、実はほとんど借金減額の効果はありません。おまとめローンにより借金減額ができると言われることがありますが、実は借金減額の仕組みはないのです。ほとんどの場合は、おまとめローンは借金を管理しやすくなるためのメリット程度しかありません。

もし、借金問題を本気で解決したいのであれば、おまとめローンではなく、しっかりした借金減額の仕組みを持つ任意整理・自己破産・個人再生を利用しましょう。

 

借金減額の仕組みがある任意整理で借金問題を解決

利息やクレジットカードのリボ払いの手数料などによって、なかなか借金が減らない人にとって、任意整理はとても有効な手段です。

任意整理には借金総額や毎月の返済金額を減額するための仕組みがあります。任意整理で本当に借金減額ができるのか不安に思っている方も借金減額の仕組みを知って安心されたのではないでしょうか?

もし任意整理についてメリット・デメリットや手続きの流れをもっと知りたければ、是非任意整理に強い弁護士にご相談ください。

  • 任意整理・過払い金請求の相談は何度でも無料!
  • 0円!完全無料法律相談
  • 24時間365日受付中
  • 土日祝日、夜間の法律相談も対応可